ラルフ・フローリスト ホームへ> カタログ>カラーとチューリップ

一つ前のページに戻る

カラーとチューリップ


 

P1010915

 

上から写しました。

カウンターテーブルに置くようにと依頼されましたが

大きくなく小さくなくという、難しい注文。(でも、よくある注文)

 

そのような場合はラインが細くて白系の花を高く利用して

色物を下に置く事でバランスが取れます。

なんとなくボリュウムがあるけど、邪魔にならない大きさになります。

 

でも、それは目の錯覚でもあります。

フォーカルポイント(中心)をどこにするかです。

大輪を中心に入れると大輪が目立ちます。

と、同じく色を集めるとそこが中心に見えます。

 

色はデザインの中でも比重が高く、どう色を使うのか大事です。

 

夜のお店は比較的、照明が暗いです。

スポットライトが当たる場所は問題ないですが、無い場合は

白が一番目立ちます。逆に赤は黒くなります。

お店の雰囲気と用途を間違えなければ大丈夫ですよ!!


2010.01.22
一つ前のページに戻る
  • お店のご案内
  • 最近お届けのお花
  • スタイルで選ぶお花
  • ご用途で選ぶお花
  • お花のお手入れ
  • 季節のお花
  • 季節のお花
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • ご注文