ラルフ・フローリスト ホームへ> オーナーブログ200910月

  ブログトップへ  次へ»

淡い色の花

2009.10.30 (金)

P1010675

小さな花が密集し、全体的に丸みのある花です。

水下がりしやすく、散りやすい花ですが、どの花にもフィットします。

 

どちらかというと、大人っぽい色や柔らかい色に合わせると

この花の良さが際立ちます。

花の隙間を埋めるようにミチミチした感じで仕上げると、お花の傷みも気になりませんよ。

 

 

 

 

 

「ダイヤモンドリリー」

 

ゆり科の仲間です。

一本の茎から小さなユリの様な花が放射状に4輪くらい

咲きます。花びらが、ピカピカ輝いているところから

ダイヤモンドという名前が付いたそうです。

 

とても品のある薄いピンクの色なので、

原色より淡い色合いの花とあわせたり

ピンく系でグラデーション風にするのも素敵です。

 

P1010673

 

 

 

 

 

「バラ」

品種名[サハラ」

P1010674

 

このなんともいえない素敵な色合い。

ベージュ色の中に薄いピンク色が入ってて。

 

まさに大人色です!!

ビバーナムとの相性も良いです。

 

これからバラも高値になってきますが、

少量でもお部屋にお花があると気持ちが癒されると思います!!

読み終えました!

2009.10.28 (水)

 

前回、衛生士スザンヌからの、お勧めの本!

「がけっぷちナース~がんとともに生きる」を紹介しました・・・・。

無事、読み終えました。

 

 

健康が第一!!健康があればなんでも出来る!!

分かってる!!ほんと、その通りだ。

 

当たり前に過ごしている日々・・・。それがどんなに幸せか・・・。

でも・・・時々忘れてしまう。

 

何もいらないから、健康だけ欲しいと思ってる人も沢山いると思う。

 

健康な人は気付かない事、沢山あると思う。

私もその一人だ。本当の辛さや痛みは、なった人でなければ分からないのだ。

生きている一日の重みも。

 

この本の主人公は32歳で乳ガンを発症し、今も闘っている!

 

読んでて、この主人公の取り巻く環境や人間模様が見えてくるんだけど、

家族・彼氏・友人・先生・親戚と、とにかく周りの支えがなったら

今の彼女はいなかったのでは無いかと感じました。

 

生きたい!生きよう!という気持ち。

 

周りも「生きていて欲しい」と願う気持ち。

 

合致して、パワーになって。

どんなに痛い治療も、悔しい気持ちも乗り越えて。

 

看護士の仕事をしながら、笑顔で元気や勇気を与える。

本当は心が壊れそうなくらい、怖いはずなのに。

中々出来ないですよー。

 

 

でも彼女は、使命と思ってる・・・・。

こう思うまでに、どのくらいの時間がかかったのだろう・・・。

彼女は、がんの治療を乗り越えるたびに、精神的に強くなってる感じがしました。

すごいな~

 

がんは治る病気という認識が薄く、何故か、がん=死と思ってしまう。

もし、今、自分が難病やがんにおかされたら・・・・? ありえん!

初期で助かると分かっても、多分精神的にやられてしまう。

 

無理無理! まだまだやらねばならない事もあるし、仕事も、子育ても

途中だし。 何よりも、入院することが不可能!

年に一度、健康診断を受けておりますが、安心せず日々の食生活や

習慣を規則正しくしなければ・・・です。

 

この本でも、検診をするよう何度もかいてあります。

 

後回しになりがちですが、健康が無ければ何もはじまりません。

改めて、実感しました。

 

 

人間って、試練を与えられると、乗り越えようとする力が備わっていて。

でも、一人じゃ何も出来ない・・・・。

自分のためだけじゃなく、誰かのために頑張る・・・生きる。

 

そんな風に伝わってきた本でした。

 

日々の中で、嫌なことも落ち込むときも多々ありますが、

こんな事でクヨクヨせず、前向きに生きていかねば!と。

 

 

 

 

スザンヌ!素敵な本をありがとう!!

マルメロ

2009.10.26 (月)

P1010671

 

 

 

今日の新顔。「マルメロ」です。

 

とても甘い香がするの。

玄関やお部屋においておくだけで、フレッシュな果物の

香が漂い、アロマって感じです。

 

 

私は、アレンジや花束によく使います~

ちょっと重いので沢山は使いません!アクセント程度に。

 

果物や野菜など、アレンジに使う事で、花止めになったり

季節感を強調させることが出来ます。

自宅で、残った野菜に穴をあけたり、スライスしてサンドしたり

 

ホームパーティ等・・・・ほんの少し工夫するだけで

テーブルの上が楽しくなりますね。

 

なーんて、料理だけでいっぱいいっぱいだなや~

一冊との出会い

2009.10.23 (金)

 

読書の秋・・・・です。

 

先日、なんとなーく本が読みたくなり、近くの本屋さんへ出掛けました。

(本だけのために出掛けたのは今までに無いのだ!)

 

 

沢山の新書が並んでて。

まずは、タイトル!!ジャンルは問わず、ピンと来たタイトルにしよう。

 

気付けば一時間くらい経っていて、結局何も買わずお店を出て

帰った。短い小説なら400円。買って失敗してもいいくらいの値段の

本もあったが辞めた!!

 

あんなに沢山あって、本屋さんも大変だ~って思った。

 

それから、3日後。

月に一度の、歯のクリーニングに行った日の事。

私の担当してくれている衛生士さん(スザンヌに似てる)

腕は最高にいい!!

そのスザンヌが私に・・・・

 

「是非、水野さんに読んでもらいたい本があるの~」と。

 

へぇ~どんな本なの??

つい3日前に本が読みたくて本屋さんに行ったので、

ちょっとびっくりした。

 

タイトルを聞いて、思い出した!!!

見た!見た!そのタイトル!

でも・・・・あまりにもリアルで辛いかも・・・と思った本だったの。

だから、チラ見もしなかった。

 

なんか、読む運命だったのかな・・・・と、ふと思ってしまった。

 

 

P1010647

今、少しづつ読んでます。

 

読み終えたら、また報告したいと思います!

  • お店のご案内
  • 最近お届けのお花
  • スタイルで選ぶお花
  • ご用途で選ぶお花
  • お花のお手入れ
  • 季節のお花
  • 季節のお花
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • ご注文